こだわり

現在、木槽(きぶね)を手がける大工さんはほとんど残っておらず、
使用している酒蔵も少なくなっています。
「木槽搾り」とは、もろみを詰めた酒袋を並べて積み重ね、
上から圧力をかける搾り方で、「やぶた」という
大型機械で搾った酒に比べると雑味が少なく、柔らかい酒質になります。
青砥酒造自慢の大型木槽を使うことによって、
日本酒の個性を潰さず、自然で優しい搾り方を実現しています。