酒造りにかける思い

青砥酒造が酒造りに臨むとき、心に留め置くのは
「酒が人を造り、人が酒を造る」という言葉です。
「酒」の部分を「子供」に、「人」の部分を「親」に
置き換えてもいいかもしれません。
酒も子供も、見ればどれだけ愛情を注がれたか、
育てた人間の人となりがどんなものかを、正直に映し出します。
青砥酒造では、すべての工程に手を抜かず、
子供を育てるように情熱を持って、
上質な日本酒を伝えていきます。